kimuchiのブログ

改ざん前のみ言葉と動画で真実を訴えてまいります!

教会が一つから二つに分かれそのようにして三回に分かれると
神は去ってゆきます。天理の原則はそうなっています。
恵みのある家庭は教会に行きません、家庭でひれ伏して祈祷します。
    《礼節と儀式》第三章礼拝と教会生活礼節

家庭連合の方向性~清平教(祈願書・先祖解怨・善霊堂)~名門家へ

家庭連合の方向性~清平教(祈願書・先祖解怨・善霊堂)~名門家へ


具体的には『真のお母さまの勝利を相続して感謝ノート(書写)、50拝祈願書、
420代先祖解怨祝福、善霊堂とともに神(新)氏族メシア勝利して
名門家になりましょう』・・・と



先週の礼拝が1時間かけてのご説明があり、一言でいうと『お金のかかる宗教です』
その間違いについて『原理講論』から指摘したいと思います
‐----(引用)-----


創造原理によれば、人間の霊人体は神から受ける生素と、肉身から供給される生力要素との授受作用によってのみ成長するように創造された。
それゆえ~(中略)~地上の肉身生活において、完成されずに他界した霊人たちが復活するためには、地上に再臨して自分たちが地上の肉身生活で完成されなかったその使命部分を、肉身生活をしている地上の聖徒たちに協助することによって、地上人たちの肉身を自分の肉身の身代わりに活用し、それを通して成し遂げるのである。
(225ページ 復活論 霊人に対する復活摂理)
‐----(終了)-----


海外宣教から帰国された先輩家庭または同僚の家庭に対して「解怨献金」を、宣教をお断りしたご婦人が因縁トークでもってお話しされることは全く失礼極まりないこと、幼い教会長はご存じありません、気の毒な組織体系でして、この数年間はそんなみっともないこと続きでした、本部が指導するどころか、「あるところから取れ!」という指導ではなかったですか?


~ここから内部霊感商法が始まったのです・・・・続く


被害者として心当たりがあると思われる方はクリック!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。