kimuchiのブログ

改ざん前のみ言葉と動画で真実を訴えてまいります!

教会が一つから二つに分かれそのようにして三回に分かれると
神は去ってゆきます。天理の原則はそうなっています。
恵みのある家庭は教会に行きません、家庭でひれ伏して祈祷します。
    《礼節と儀式》第三章礼拝と教会生活礼節

《家庭連合礼拝説教の問題点》

《全国の家庭連合の日曜礼拝の問題点》~全国のを削除しました


理由として【勤労壮年・匿名】さんからの投稿


4/16以降の祈願書提出および祈願例祭行事は10時から10時30分
礼拝は10時30分以降と決定した教会があるようです


①週報のみ言葉訓読における『改ざん後の赤表紙天聖経』の引用がやたらと多い。


②1/10献金の解説が繰り返し『しつこく』なされているが使い道においては一切聞かされていない。
年齢が65歳以上で職のない方は年金は約10万円程度、それでも1/10なのか?
生活補助受給者はどうなのか?
み言葉で、訓読家庭教会活動をしている者にはかかる経費がある、1/10以下であるはずです、はっきりと見解が必要でしょう。


③正しい献金のあるべき理想が何なのかの説明がないばかりか、不正な使途不明金が目立つ(組織内部の裁判等は説明皆無・その他)


④ピースTV・週間ブリーフイング等の画像におけるアピールが次第に増えてそれにかかわる経費はかなりの無駄使いである。2社の映像会社を抱え持っているようだ。


⑤映像における大会動員等の経費はほとんど家庭連合側の負担によるものである。
趣旨を理解していただけるのであれば、ゲスト参加者の自己負担は必要でなければならない。


⑥映像を通じてあたかも最前線でみ旨が行われているような錯覚に陥ってしまう。


⑦1/10献金以外に、感謝献金封筒の提出・礼拝と祈願書提出と祈願書の証し等『免罪符』的色彩が多く企画され、お金のかかる団体であることが会場の隅々までいきわたり、とても呼吸困難に陥ってしまう。


⑧したがって誕生日のお祝い品等は『ありがた迷惑』である。


⑨演出を指導する聖職者たちは世間一般の常識からかけ離れている。
冠婚葬祭などでも、いかに質素に行うかが現在の流れであり逆行している。


⑩『独生女』のことばが説教のはしはしに出てくるようになったが、今だにその真意については語られていません、聞いてるかたはいつ質問できるのでしょうか?


⑪『清平の証』で2世の『霊的問題解決の証』は聞いたことがありませんが、どうなって
いるのでしょうか?


⑫説教中に分派批判は的を得ていませんから、公開討論等の機会を作ってぜひ批判をしていただきたい、内部組織を悪用しての誤った情報操作はしてはなりません。

‐-----------------


礼拝参加の容易な環境作りをしてほしいと思われる方はクリック!!をお願いします。
!!!!!
 !!!
  !

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。