kimuchiのブログ

改ざん前のみ言葉と動画で真実を訴えてまいります!

教会が一つから二つに分かれそのようにして三回に分かれると
神は去ってゆきます。天理の原則はそうなっています。
恵みのある家庭は教会に行きません、家庭でひれ伏して祈祷します。
    《礼節と儀式》第三章礼拝と教会生活礼節

『84週刊新潮の記事と審〇回避プロジェクトの成果!』

『84週刊新潮の記事と審〇回避プロジェクトの成果!』


《84週刊新潮の記事と審まる回避ブログ引用》


■桜田淳子さんが来月ステージに立たれるそうなのですが、そのことと合わせ、週刊新潮3月16日号で、私達の活動を記事にしています。まず、2月12日の掘さんご夫妻の本部教会における逮捕事件から書き起こし、「韓鶴子氏の教義に対して、”四男・七男派”信者が抗議する中で起こったこと」として、私達の主張を紹介してくれています。


真理を問う行動319
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□週刊新潮:「教祖を否定」対する四男と七男は母に対抗すべく手を携え、昨年末に一般社団法人「日本サンクチュアリ協会」を設立した。そんな彼ら”反主流派”を支持する信者による抗議活動は、年明けから始まったと先の鈴木氏が継ぐ。「当初は本部前に1人で”会長は辞めろ”と書いたプラカードを掲げるだけでしたが、2月には複数人に増えていき、その度に本部職員が警察を呼んでトラブルになっています。それでも反主流派は毎週抗議を続けると意気軒昂ですね」


週刊新潮2017.3.16


当の教団に聞くと「信徒にとって大切な礼拝を妨害するなど信教の自由を脅かす行為に対して、教会及び信徒を守るために法に基づいて対応しています」(世界平和統一家庭連合)と主張する。一方逮捕者を出したサンクチュアリ協会の言い分はこうだ。


「文鮮明先生が亡くなられた後、その妻・韓鶴子さんが教義を変えて”自分がメシアだ”と教祖を否定することを言い出した。そんな鶴子さんを担ぎ上げる本部教会はおかしいと抗議しているのです。桜田さんも会員ではありますが、悪い教会のイメージがついてしまえばいい迷惑だと思いますよ」もはや、何が良くて何が悪いのか常人にとって与り知らぬ話だが、内ゲバ続きの教団にとって桜田淳子さんの”復活祭”は神風になるという。(2017.3.16号P.46)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■全文は是非お買い求め(400円)の上、お読み下さい。「教祖を否定」という小見出しが分かり易いですね。堀さんご夫妻の逮捕がこのような記事になる形で生きてきました。


淳子さんの公演は2013年11月26日(火)、銀座博品館劇場で、一夜限りの「桜田淳子Thanks40 スペシャル〜ファン感謝DAY」として開催されたことがありました。ファンの前に立たれるのは20年ぶりで、熱心なファンが詰めかけ、歌もさることながら、トークが素晴らしかったと高く評価されました。そして、それから3年4ヶ月ぶりに、4月7日(金)、同じ銀座博品館劇場で開催される「スクリーン・ミュージックの宴」に出演され、ワンマンショーではなくて、特別コーナーで数曲を歌われるようです。
ーーーーーー(引用終了)------


眠っている食口を起こしても起こしても起きてくれなかった古参食口たちが何だろうと
ようやく眠い目をこすりながらおき始めているようだ。


3男顕進様のフイリピン行事、聖職者の参加ともあいまみれて、家庭連合は『腐敗した
教団』に蓋をして何事もなかったかのように知らん振りしてきたが、ここに来てもう世
間にあからさまに知っていただくことにより、一歩前進したものと思います。


悪事を働いたものと、見て見ぬ振りをした者には愛の鉄拳が下って早期解決するのがよいか、それとも時間をかけて知らん振りし、どうにもならなくなった暁にやっと思いこしを上げていく状況とは対象的に見られて、次の成り行きがどう展開してゆくのか、世間はしっかり見ています。


何も知らないのは無関心の振りをした礼拝参加者であって、世間のほうが敏感に見ているのです。教団の分裂はどこにでもある話ですが、こんなにも長期にわたって何事もなかった振りをしながら不正が正されないまま存続できたのは、自主性のない日本人幹部の暴虐史観の克服の努力を怠ってきたことにほかなりません。


《誰も責任を取らない家庭連合の一例》



家庭連合 新〇教会 家庭部長 2016年6月23日 - YouTube



www.youtube.com/watch?v=esB0Zpenhqw



家庭連合 新〇教会 家庭部長 2016年6月23日 - YouTube



世界平和統一家庭連合(旧統一教会)。祝福献金返還請求と、3千万円の借入要求
( 融資詐欺)について


再生時間:31:11    投稿日:2016年6月29日


いまでもこんなことがまだ行われています、しかもだれも責任を取ろうとはしません
アベルのアベルのアベルは教会長であり、最後は徳野会長ですよね・・・。


次回は
『43双祝福夫人有志会の皆様』と
     『真のお母様を支える1800双祝福夫人有志の会の皆様』
                    に輪読していただきたい記事のご紹介です。


真の責任者は誰もいなかったのが残念でならないと思われる方はクリック!を御願いします。!!!!!
   !!!
    !


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。