kimuchiのブログ

改ざん前のみ言葉と動画で真実を訴えてまいります!

教会が一つから二つに分かれそのようにして三回に分かれると
神は去ってゆきます。天理の原則はそうなっています。
恵みのある家庭は教会に行きません、家庭でひれ伏して祈祷します。
    《礼節と儀式》第三章礼拝と教会生活礼節

『韓国併合・劇的ビフォーアフター』 (歴史教科書に騙されるな!!)- YouTube


『韓国併合・劇的ビフォーアフター』 (歴史教科書に騙されるな)- YouTube



www.youtube.com/watch?v=jztvb_C1x4s



(韓国併合・劇的ビフォーアフター 일본 통치 시대 Before After - YouTube 引用)



チマチョゴリの乳房を露出していた理由と明治時代前後の朝鮮人(韓国人・北朝鮮人)の 女性達パート2 ...  再生時間:5:27



ーーー(韓国人の知らない日韓併合)引用ーーー


「李氏朝鮮末期の社会」に関する資料集


  日韓併合にいたる歴史を理解するためには、伝統的な李氏朝鮮の社会がどのようなものであったのかを知っておく必要があるとわかってきました。当時の朝鮮社会は、日本とは全く異なる状況であって、漠然と近代化前の日本と同じようにイメージすることは誤解を生むと思います。


  このページでは、下の4点から、主要な部分を引用しました。
・呉善花著「韓国併合への道」文春新書、2000年(注:2012年に、「韓国併合への道 完全版」が出ています。)
・LINK 両班 - Wikipedia
・山辺健太郎著「日韓併合小史」岩波新書、1966年
・LINK きままに歴史 ≫ 明治開化期の日本と朝鮮(9)



呉善花著「韓国併合への道」(文春新書、2000年)から4つ引用します。なお、引用文中の太字は当サイト管理人が施したものです。


 
 朝鮮半島には、日本やヨーロッパのように武人が支配する封建制国家の歴史がない。中国と同じように、古代以来の文人官僚が政治を行なう王朝国家が、延々と近世に至るまで続いたのである。併合の主体となった日本は近代国家であったが、併合されたほうの国家の実質は、近代国家でも封建国家でもない王朝国家だったのである。
  李朝国家の政治システムは、中国歴代の制度に由来するもので、頂点に絶対権力者としての王をいただき、その下に文官・武官の両官僚群が合議で政務をとり行う、高麗朝の儒教的な官僚体制を踏襲したものだった。ただ、文治主義と中央集権制が極度に徹底されていた点に大きな特徴があった。
 


 官僚には文官(文班)と武官(武班)があり、合わせて両班(ヤンバン)と呼ばれた。しかし李朝は極端な文治主義をとっており、武官は文官に対してはるかに劣位な状態におかれていた。全軍の指揮権を司る責任機関の長にも、地域方面軍の指揮将官たちにも高級文官が就任し、その他の高位の武官職もことごとく高級文官によって兼任されていた。
 


 科挙ではこのように徹底した成績主義がとられる一方、受験資格には厳しい身分的な制約があり、とくに文科は両班階級の者しか受験できないようになっていた。


 
 両班階級の下には、技術と行政の実務に従事する官僚を中心とする中人階級があり、その下には農・工・商に従事して国家に対する賦役を全面的に負担する常民階級があり、最下層に国家機関や私的な個人に隷属する奴婢としての賤民階級があった。いずれの身分も世襲身分として固定されていた。
 
ーーー次の(韓国人の知らない日韓併合)に続くーーーーー
 
家庭連合(統一教会)を解体しなければなりません!


解体しなければならない理由は今更なっがら語る必要はありませんが、・・・


日本人・韓国人聖職者の方がたはいまでも旧態以前の誤った歴史認識のままを信じてこられておられる方が大勢いらっしゃることにおいて、世間から比較してもかわいそうな民族であることを実感するものです。


ごもっともと思われる方はクリックをお願いします。
!!!!!
 !!!        
  !




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。