kimuchiのブログ

改ざん前のみ言葉と動画で真実を訴えてまいります!

教会が一つから二つに分かれそのようにして三回に分かれると
神は去ってゆきます。天理の原則はそうなっています。
恵みのある家庭は教会に行きません、家庭でひれ伏して祈祷します。
    《礼節と儀式》第三章礼拝と教会生活礼節

★家庭連合信徒を惑わす分派侍をみ言葉と時系列で成敗する!★

分派侍JIN 只今参上!ブロフを読んで・・・の感想


『「家庭連合の現状の指摘」の記事はお父様の本当の意図をわかっていない!』
をそっくりそのまま熨斗をお付けしてお返しいたしましょう。


----(引用)----


今日は「家庭連合の現状の指摘」という題目で7月16日に記事をアップしていたブログ「維新の翔ぶがごとくに」(UCI分派ブログ)の記事の内容に対して、真のお父様の真意というものを伝えたいと思う。


私が以前「統一原理から見た『分派』の意義と価値」という記事の中で「教会の牧会者のみ言を信じて一つになって歩む」と述べたことが気に入らなかったようである。


そのブログでは「徳野会長をはじめとする統一教会幹部は、カイン・アベル理論によって教会員を搾取する奴隷文化に満ちている」教会だと家庭連合を批判している。


この批判は、本当にお父様の心情の世界、日本に対して心配されている内容を正確に把握していない発言である。


1967年8月9日に日本の東京で語られたみ言で次のようにある。


「日本を離れるに当たり、心配されることの一つです。どのようにすれば、教会の指導者を父母様の分身として感じられるのでしょうか。


教会の責任者を自己中心的に見つめず、神様と同じ立場から見つめなければなりません。


教会責任者の成長過程や学歴などを見るとき、自分より優れていないこともあるかもしれません。ある面では、教会責任者が自分に学ぶ立場に立つべきときもあります。


そのようなとき、普通の人々は、責任者を一から十まで批判するものです。お父様はそのような文化になることを憂慮しています。


日本の教会に、父母のような心情をもった食口がどれほどいるかが重要です。お父様は、そのような食口たちが多くなることを願っています」(天一国経典『真の父母経』p696より)


真のお父様は、1967年に巡回されながら、日本を発つときに日本教会に対して今後どのような文化が根付いていくのか心配されたみ言である。


み言を基準としてみれば、どのような教会の指導者だったとしても、「神様と同じ立場で見つめなさい」と語られ、「父母のような心情をもった食口」の重要性を訴えられ、「責任者を一から十まで批判」してはならないと語られました。


そして、お父様の日本の教会に対する願いはそのような中心者を批判する「文化になることを憂慮」しておられるということをはっきり知らなければならない。


「家庭連合の現状の指摘」での記事はまさに、お父様が一番心配された「批判文化の憂慮」の部分である。


父母の心情を抱かず、神と同じ立場で見つめることが出来ないので、教会の責任者に対するふつふつと湧き上がる不平不満、さらには徳野会長までも批判する。残念な歩みである。


ブログの記事者は上記のみ言をよく読んで、お父様の真意というものを知らなければならない。そして、新たな信仰生活を出発してほしいものである。


-----(引用終了)------



『家庭連合信徒を惑わす分派侍を み言葉と時系列で成敗する。』


先日「維新の翔ぶがごとくに」を始めとした批判を読ましていただきました。


家庭連合の徳〇会長を始めとし、教会長が良く使われます手口として、ふさわしくない時代のみ言葉をくっつけて理論建てするのが得意なのです。


1960年から2000年まではかっては選民といわれてきました韓国クリスチャンのお父様をメシアとして受け入れることができなかった蕩減を日本が40年かけて代理蕩減を成して、『日本は勝利したんだね。』とみ言葉をくださいました。


2001年から第4イスラエル出発式をなされた後に家庭連合が(承認が遅れてズレがあるが)できたのでしたが、いまの旧統一教会にとって摂理とは関係なく不都合なことがあるのです。


韓国人幹部(強権勢力・H2様の表現では悪魔連合)同様に、自らの幹部の位置が失われる可能性が大になるため、なりふりかまわず、


『お母様は無原罪でおうまれになりました。お父様は原罪を持っておうまれになりました。』『お母さまがお父様の原罪を清算されました』


という考え方に同調者として、目的達成の為なら手段を択ばず神山名誉会長の警告を無視して、名誉剥奪に協力してまいりました。署名した人はその証拠も残っているのでこれからも変わらず同調者ということになり歴史に残ります。


これからの家庭連合は『李王朝時代』に逆戻りして、全てとは言わないが、韓国人幹部と一部の日本人聖職者は『両班』平信徒は『賤民』という位置関係を確立するために、お父様のみ言葉を悪用して、経費のかかる『アベル国連』などは一切手付かず状態でいかにも「家庭連合は摂理を担当しています。」


といわんばかりの映像を駆使して、礼拝時間を最大限に利用して、信徒を騙し続けているのがいまの実体ではありませんか?


良心的な聖職者も沢山おられることも知っていますが、霊界では同類とみられる可能性は大きいでしょう。トップの間違いはきずいたものが注意しなければなりませんから、蕩減時代のアベル・カインは絶対信仰・絶対服従でしたから、同じ価値観を持ち出すのは時系列に反するのです。


-----(師観のブログ一部引用)-----


 家庭連合本部はお母様の言うことをまともに受けとめると、原理の教義と矛盾するが、
お母様は家庭連合の中心者だから、アベルに従わなければならない。


 さらに、恐れることはお母さまご自身が『特使』を日本に送って、一般の信徒に今日まで内密にしていたこの『独生女発言』が知れ渡り、動揺が走ることだ。


それゆえ、見ざる、聞かざる、言わざるの対策を取らざるを得ないと言うのです。

------(引用終了)------

最近の礼拝説教の誤りの一例として・・・。


①「裁判はもうゼロです、ありません!」~「これは嘘です、まだありますとも!」
⓶「分派の方たちは、お母さまを否定しています!お母さまを否定することは、お父様をも否定することになるのです。」~


それは「お母さまの間違いをおつたえしています」「お父様の絶対対象の位置の御戻りくださいと懇願しているのです」「間違いを隠しとうすことの方が罪ではないですか。」


「男文家系の所謂分派と言われる方たちは誰一人お父様を否定する人等聞いたことがありません。」
礼拝という神聖な場を利用して間違った情報を伝え、行かせないように、情報操作をしています。
-------------------


韓国時代劇さながらの「伸るか反るか」の瀬戸際『8月危機説!』が間もなく実行されるのです。


【参考動画】「そんな馬鹿な!!」と思われる方は、H2様の『沈黙を破っての動画』をもう一度「じっくりと観ましょう。!!」


2015年1月11日 「沈黙を破って 」 文亨進様 サンクチュアリ教会 - YouTube
YouTubewww.youtube.com#:#https://www.youtube.com/watch?v=lPkX6ecocVA



www.youtube.com/watch?v=lPkX6ecocVA



翻訳ソース : 三代王圏こころのサンクチュアリ教会さんより引用 http://h2fanclub. blogspot.jp/2015/03/blog ...




(お断り)沈黙を破って!はサ教の出発の時期であり、その動機は正しいものでしたが、
現在は少し変貌されたようで全く参考には致しておりません)
  
 
【投稿者:エブリィ】コメント
師観さんとkimuchiさんは家庭連合批判のときはH1・H2さんを引きあいに出したり、旧4研さんの考え(日本は神側の国家)などの一例も上げて批判しておられるのを観ました。「分派侍JIN, 只今参上!」さんはちょいと早合点されていません?


【kimuchi】
エブリイさんコメントありがとうございます、家庭連合の心無い人は思い込みが激しくて、とても困っています、議論する際に都合の悪い意見をいう人には、何かのかたちで追放しようとしています。


宋総会長の新方針が最近発表されたばかりだというのに『縦割りより横の関係を重要視する』を裏切る行為とみなして処分対象とし、せめて『本部待機組』にしてほしいと思います。


----------------
なかなかのストーリー性があって面白かったと思われる方はクリックをお願いします。
!!!!!
 !!!
  !




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。