kimuchiのブログ

改ざん前のみ言葉と動画で真実を訴えてまいります!

教会が一つから二つに分かれそのようにして三回に分かれると
神は去ってゆきます。天理の原則はそうなっています。
恵みのある家庭は教会に行きません、家庭でひれ伏して祈祷します。
    《礼節と儀式》第三章礼拝と教会生活礼節

『訪朝中止、北朝鮮の書簡原因?「好戦的」と米紙報道』

『訪朝中止、北朝鮮の書簡原因?「好戦的」と米紙報道』


朝日新聞:2018年8月29日05時00分



 米ワシントン・ポスト紙は27日、複数の米政府高官の話として、今週に予定されてい


たポンペオ米国務長官の訪朝が直前に中止されたのは、北朝鮮から「好戦的」な書簡が届


いたからとの見方を報じた。


 ポンペオ氏は23日、今月下旬に訪朝すると公表。しかし、同紙によると、翌24日


朝、金英哲(キムヨンチョル)・朝鮮労働党副委員長からポンペオ氏宛てに書簡が届い


た。


 CNNによれば、書簡は、非核化が進展しないのは「米国が(北朝鮮との)平和協定の


締結に向けて取り組まず、北朝鮮の期待に応えていないからだ」と主張。非核化交渉は


「危機に面しており、瓦解(がかい)の恐れもある」といった内容だったという。


トランプ大統領と検討し、訪朝を取りやめるに至ったという。トランプ氏はその日の午後


のツイートで「現時点では、朝鮮半島の非核化に関して重要な進展が見られないからだ」


として、訪朝中止を指示したことを明らかにした。(香取啓介)


----------------------------------------------------------
(動く朝鮮半島)


「米韓演習、任務遂げる必要」 ジェフ・デービス海軍大佐


朝日新聞:2018年8月29日05時00分



 ■米国防総省前報道部長、ジェフ・デービス海軍大佐



 米国の北朝鮮に対する「最大限の圧力政策」は外交、情報、軍事、経済の4分野からな


る。私は特に、経済的圧力が効果を上げたと思っている。経済制裁によって石油や石炭の


輸出入を制限し、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長や側近の資金源を断ったこ


とが大きな痛手となり、対話に応じざるを得なくなったとみている。


 6月の米朝首脳会談は象徴的なものであり、今後、事態の打開につながる可能性もある


だろう。ただそれに伴い、米韓合同軍事演習の中止も決めた。北朝鮮側は演習が脅威だと


言っているが、目的は米韓両軍の共同作戦の能力を高め、即応能力を維持することだ。我


が軍の戦争計画は、あくまで防御的なもので、先制攻撃などは含まない。北朝鮮側が攻撃


をしてきた時に限ってのみ、発動するものだ。


 米韓両軍は即応能力と相互運用力がなければ、存在意義がなくなってしまう。そのため


には、韓国軍との合同演習を通じて、戦争計画の理解を深め、韓国を防衛するという任務


を遂げる必要がある。


 北朝鮮はこれまで国際的な取引や合意を破ってきている。たとえ核兵器を廃棄したとし


ても、非武装地帯(DMZ)には、ソウルを攻撃できる多数の短距離砲や迫撃砲を配備し


ている現状は変わらない。


 在韓米軍のすべての兵士の「戦争が起きれば、今晩でも戦う準備ができている」という


心構えは変わっていない。米国は今後も経済制裁を解除することはない。また、ホワイト


ハウスからどのような発言が出ようとも、米軍による同盟国に対する責務は変わらないと


思う。   (聞き手・峯村健司)


     *


 1969年生まれ。国防総省や太平洋艦隊(ハワイ)などで報道担当を歴任。


2011年の東日本大震災時には、第7艦隊(神奈川県横須賀市)の報道責任者として


対応にあたった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。