kimuchiのブログ

改ざん前のみ言葉と動画で真実を訴えてまいります!

教会が一つから二つに分かれそのようにして三回に分かれると
神は去ってゆきます。天理の原則はそうなっています。
恵みのある家庭は教会に行きません、家庭でひれ伏して祈祷します。
    《礼節と儀式》第三章礼拝と教会生活礼節

「やはり朝日新聞、中国から資金援助か?!」

慰安婦問題で生存中の吉田清治は『あれは嘘でした』発言があったにもかかわらず
世間では朝日新聞不買運動をやっていて、Tシャツに『朝日新聞糾弾キャンペーン」を
印刷して道歩くとき、電車に乗っているときも声を張り上げ日本国民の良識派は頑張っ
ていました。


おかげ様で私の住んでる朝日新聞配達支所はお店を絶たんでしまいました。
あの時何もしなかったのは統一教会・勝共連合でありました。


朝日を残した方が韓国人聖職者、韓国にとっては都合がいいからです。
さらに北・中国にとっても朝日はありがたい存在でしたから、中国から朝日に資金援助の
心配の動画がありました。振るいったたのは一部の愛国者だけでしたね。


完全にたたいていれば今のこの時期に森友、加計学園、等々などと騒ぐことはなかった。
もう時遅しでしょうか?!


----------------Wikipedia(引用)------------------


吉田清治 (文筆家)
ja.wikipedia.org/wiki/ 吉田清治_(文筆家) - キャッシュ


吉田 清治(よしだ せいじ、1913年(大正2年)10月15日 - 2000年(平成12年)7月30日) 、本名:吉田 雄兎(よしだ ゆうと)は、福岡県出身とされる文筆家。朝日新聞上で従軍慰安婦問題に関する「吉田証言」を発表するが、後にその大半の証言が虚偽・創作であったと朝日新聞が認めたことで知られる。


 1980年代に、大東亜戦争(太平洋戦争)の最中、軍令で朝鮮人女性を強制連行(「慰安婦狩り」)し日本軍の慰安婦にしたと自著に記述。これがメディア、特に朝日新聞に長らく真実として取り上げられたことにより、国際問題 ・・・・・


(引用終了)


-------------(元社員の暴露)-------------


せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』:朝日、中共から資金援助?


blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51224188.html   -  キャッシュ


朝日新聞、中共から資金援助? 迷ってたけど決心がついた、暴露します…。 俺、元朝日新聞社社員だけど、同僚の女が、社内でもかなり上の幹部と寝たらしくて、 その時その幹部が女に、 「うちの会社、実は購読者が少なくなっても、広告がなくなっても、金は入ってくるんだよ。外国からな。だから俺は金に困ることはない。お前なにか欲しいものはあるか?」 と言ったらしい。 その時その女はわけがわからなかったらしいが、俺がひそかに女に教えてもらった時、 一発で「やっぱり朝日は中国から資金援助・・・・


(暴露記事終了)



朝日新聞、中国から資金援助か… 国税庁把握 - (YouTube)


www.youtube.com/watch?v=cn00gmJMPj4


画像が左側にでましたら、同時に右側に関連動画が待機しています、画面クリック!すると新たな動画を見ることができます。


【投稿者:掃部助政秀さん】


コメント本文:朝日新聞は中国共産党から資金援助、納得、今までの報道内容を見ると納得、疑問が氷解した




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。