kimuchiのブログ

改ざん前のみ言葉と動画で真実を訴えてまいります!

教会が一つから二つに分かれそのようにして三回に分かれると
神は去ってゆきます。天理の原則はそうなっています。
恵みのある家庭は教会に行きません、家庭でひれ伏して祈祷します。
    《礼節と儀式》第三章礼拝と教会生活礼節

『独生女理論』の浸透・左翼学生運動家たちによる文在寅政権の掌握 

『独生女理論』の浸透・韓国情勢・左翼学生運動家たちによる文在寅政権の掌握


韓国、左翼学生運動出身10人「大統領府の実権グループ」 文在寅政権を掌握 
(室谷克実)引用


 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権では、左翼学生運動出身者が大統領府のスタッフ(秘書官)として、国家意思の決定権を事実上掌握している。


そこで決まった国家意思を実行する行政府の責任者(閣僚)には、ブルジョア左翼であり「大学教授」など肩書を持ち、大体は人あたりが柔らかなエリートが配されている.
これが、文政権の統治文化の構造的特徴だ。(夕刊フジ)


 「上か下か」の判断が、最も重要な韓国の文化に、高級官僚も一般公務員も染まり切っている。彼らは閣僚よりも「上の人」である左翼学生運動出身の大統領府秘書官の方だけを見て忠誠競争に励むのだ。


 人間とは自分がなじんだ環境の中で育(はぐく)まれた常識から、容易に抜け出せない。コリアウオッチャーの中にも、韓国の大統領府首席秘書官を、日本の首相秘書官と同じ権能とみている人が少なくない。


 韓国の大統領府には、政権ナンバー2に当たる秘書室長の下に首席秘書官と秘書官を合わせて26人がいる。このうち秘書室長を含めると10人が過激な左翼学生運動の出身者だ。


 各秘書官の下には10人程度の行政官がいる。民情秘書官の下にいる行政官の中には、警察庁の部長クラスの出向者までいる。行政官の下には事務官が別途いる。


 日本の首相官邸にいる首相補佐官や秘書官とは、背後に控える機構・人員の厚みが全然違うのだ。


そうした中で、学生運動出身の10人の秘書官が「大統領府の実権グループ」だ。


 人間は青春時代の挫折を、権力あるいは金力を握ったときに実現しようとする、と慶応大学の堀江湛(ふかし)教授の政治心理学の講義で習ったことを思い出した。


 文政権が矢継ぎ早に打ち出すさまざまな激烈な政策は、彼らが学生時代に夢見たことが色濃く反映されているのだろう。


 韓国がいま進み始めた道(=彼らの言葉でいえば『所得主導の経済成長』路線)の先にあるものは、公務員を大量に抱えた「大きな政府」が国民経済のすべてをコントロールする社会主義経済国家と見てよかろう。


 そんな政策に官僚はついていくのか。


 韓国の官僚は「上司に忠実に仕えて出世する」ことしか価値判断基準がない存在ともいえる。だから、上が代われば、一夜にして、これまでとは正反対の政策を進めることを躊躇(ちゅうちょ)しない。


 李王朝の時代、両班(ヤンバン=貴族)の命令を受けた下人は、まさに両班の権限代行者のようになって、誰でも徹底的にたたいた。同じように、韓国の官僚・官吏は、閣僚の背後にいる左翼学生運動出身の秘書官の意を忖度(そんたく)して、その権限代行者のように振る舞うことで、出世を目指すのだ。


 韓国の公務員社会に「清貧」といった価値観念は存在しない。あるのは「濁っていても富がいい」という常識だ。歴史の真実を追究する意欲もない。あるのは歴史物の映画を見て学ぶことだ。


 そうした姿勢は、一般行政職ばかりではない。検察官も裁判官も外交官も、マスコミ界まで、ほとんど同じだ。物質文化はパクリによって高度化しても、精神文化は中世そのままの国が、隣にあるのだ。
-------------------------------------------------
 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。
-----------------(引用終了)---------------


70年代までの朴正煕 (パク・チョンヒ)大統領時代には反共法があり、さらには勝共理論武装が国家あげて行われていた時代でありました。


今日のような韓国とは違ってマスコミからは「朴大統領独裁者」というイメージが強かった時代から、勝共運動の停滞とアボジ聖和前後して、次々とアボジの路線変更に伴って勝利圏が次々に失われた事によりキリスト教が最も嫌う『独生女異端文化』が家庭連合に浸透することにより、韓国情勢が増々不穏な状況に変化してしまいました。


この状況がそのまま来年2019年を迎えていくと、米国クリスチャンたちの家庭連合離れが始まっていき、お母さま2020以降の希望的未来は見えてきません。


 神山名誉会長がわざわざアボジのみ言葉をもって日本の女性たちに重要なみ言葉をもって来られたにもかかわらず、「神山のいうことを聞いてはならない」という非原理的な公文に聞きしたがってしまった祝福家庭、「神山氏はアボジに用いられなくなった愛の減少感からお母さまを批判している」という浅はかな指示に付き従った祝福家庭と幹部たちの判断が、今日の韓国の危機的状況を作ってしまいました。


『独生女異端文化』にNO!をつきつけたのはほんの一握りの群れであり、聖職者たちが正しい方向性を示すことができなかったことにより、韓国と韓国家庭連合基盤はもう消滅するしか道はありません。


 み言葉とは真逆の『独生女』を受け入れることは、成約聖徒あげての再臨主(メシア)を否定してしまったことになりますから、当然悲惨な道が待っているのでしょう。


それらを見据えてアボジは日本の婦人たちにボートを与え操縦免許までも与えて非常事態にはボートピープルのにはような救済処置を残して聖和されたのでしょう。


もしも第4アダムがどこかで新しい摂理を出発していたらここからはどのような摂理発展がなされるかは「独生女理論」を受け入れた方々には無知蒙昧に陥って、もう何もわからない状態にあると思われます。


『毎週聞かされている「質問できない」・「議論できない」トップダウン体制の礼拝説教がそれらを物語っています。』






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。