kimuchiのブログ

改ざん前のみ言葉と動画で真実を訴えてまいります!

教会が一つから二つに分かれそのようにして三回に分かれると
神は去ってゆきます。天理の原則はそうなっています。
恵みのある家庭は教会に行きません、家庭でひれ伏して祈祷します。
    《礼節と儀式》第三章礼拝と教会生活礼節

警告:要注意!日韓の分断と<戦争>は共産主義者の常套戦略だ! 

【N氏:投稿】


警告:要注意!日韓の分断と<戦争>は共産主義者の常套戦略だ!                 理性喪失・悪霊現象状況の韓国に要注意!   


 ​韓国検察、前最高裁長官を聴取へ=徴用工判決先送り疑惑


2019年01月04日12時30分



 【ソウル時事】韓国の元徴用工が日本企業を相手取った賠償請求訴訟をめぐり、最高裁が日韓関係悪化を懸念する朴槿恵前政権の意向をくみ、判決を先送りしたとされる疑で、聯合ニュースなどは4日、ソウル中央地検が11日に梁承泰・前最高裁長官に出頭をめ、容疑者として取り調べると報じた。


  聯合によると、最高裁長官経験者が容疑者として検察の聴取を受けるのは韓国の憲政史上初めて。(2019/01/04-12:30)


                   ◇


「徴用工判決確定なら問題化」=前最高裁長官、訴訟に介入-韓国報道


2019年01月07日16時45分



 【ソウル時事】韓国の元徴用工が日本企業を相手取った賠償請求訴訟をめぐり、最高裁が日韓関係悪化を懸念する朴槿恵前政権の意向をくみ、判決を先送りしたとされる疑で、聯合ニュースなど複数のメディアは7日、梁承泰・前最高裁長官が在任当時、担当裁判官に対し、「(賠償)判決が確定すれば、問題になる」という趣旨の意見を伝えていたと報じた。



韓国検察、前最高裁長官を聴取へ=徴用工判決先送り疑惑


 ソウル中央地検は、梁氏が訴訟に直接介入した証拠とみており、11日、同氏に出頭を求め、職権乱用容疑などで取り調べる予定。
  聯合などによると、梁氏は「判決がそのまま確定すれば、日本が国際司法裁判所に提訴するなど反発するだろう。そうなれば、国際法的に問題になる」という見解を伝達したとされる。(2019/01/07-16:45)


      ◇


徴用工訴訟、「対抗措置」でけん制=当面は2国間協議模索も―政府


1/7(月) 17:33配信


時事通信


 日本企業に元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁判決を受け、政府は7日、原告側による資産差し押さえへの対抗措置の検討に入った。


 昨年10月の判決以来、有効な解決策を示していない韓国政府をけん制する狙いがあるとみられる。当面は、1965年の日韓請求権協定が定める2国間協議を探る案も出ている。
 
 首相は6日放送のNHK番組で、具体的措置の検討を関係省庁に指示したと表明。菅義偉官房長官は7日の記者会見で、「首相の指示も踏まえ、国際法に基づき毅然(きぜん)とした対応を取るために具体的な措置の検討を深めていく」と語った。


 首相が対抗措置の検討指示を公言したのは、韓国政府の適切な対応を促すとともに、裁判所による差し押さえ手続きを防ぐ狙いがあるとみられる。


日本政府は国際司法裁判所(ICJ)への提訴もちらつかせつつ、韓国政府の善処を待つ姿勢を貫いてきたが、これまで韓国側は打開策を見いだせていない。


 菅氏は具体的な手段への言及は避けたが、請求権協定はその解釈や実施に関して「紛争」が生じた場合、外交ルートを通じ解決すると明記。日本政府は韓国側の対応次第では、この規定に沿って「協議」を申し入れる構えだ。


        ◇


「戦線拡大」「摩擦激化」=安倍氏の対抗措置指示で韓国紙


2019年01月07日08時59分



 【ソウル時事】7日付の韓国各紙は、安倍晋三首相が徴用工訴訟の原告側による資産差し押さえ申請に対し、「具体的な措置」の検討を指示したと述べたことについて、「安倍(首相)、徴用工判決で戦線拡大」(朝鮮日報)「韓日間の摩擦激化」(京郷新聞)などと報じた。



三菱重に和解協議要求へ=来月末に期限設定-韓国徴用工訴訟


 ハンギョレ新聞によると、日本政府は、差し押さえ措置が実際に取られた場合、1965年の日韓請求権協定の紛争解決手続きに基づき、政府間協議を求める立場を韓国政府に伝えた。また、差し押さえによる資産売却などで日本企業が損害を被れば、仲裁委員会の設置による仲裁を要求するという。


  同紙は「日本はさらに、国際司法裁判所(ICJ)提訴のカードも持ち出して、韓国を圧迫している」と報道。社説で「哨戒機摩擦や賠償問題など外交懸案が韓日関係を損なう形で増幅するのは、どちらにとっても有益ではない。韓日関係の基本を揺るがせてはならない」と訴えた。(2019/01/07-08:59)


     ◇


日本の「事実歪曲」に「積極対応」=李首相指示で方針転換-韓国紙


2019年01月04日08時24分


 【ソウル時事】韓国紙ソウル新聞は4日、韓国政府が今年に入り、日本による「事実歪曲(わいきょく)」に対し、「積極的な対応」を取る方針に転換したと報じた。



安倍首相、徴用工訴訟で「具体的措置」=対韓国、関係省庁に指示


 同紙によると、知日派の李洛淵首相が2日に開かれた新年初の内部会議で、徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた最高裁判決や、韓国駆逐艦による日本の哨戒機へのレーダー照射問題に関し、積極的対応を指示。「ローキー(控えめ)だった日本への対応基調が変わった」(政府関係者)という。


  韓国外務省当局者は3日、地元メディアに対し、「日本の高官が最高裁判決について、国際法違反と断定するなど、両国関係発展に逆行するような言動を続けている」として、遺憾の意を表明した。(2019/01/04-08:24) 


        ◇​


三菱重に和解協議要求へ=来月末に期限設定-韓国徴用工訴訟


2019年01月07日14時20分



 【ソウル時事】韓国最高裁が三菱重工業に元徴用工への賠償を命じた訴訟の原告側は、同社に対し、和解協議に向けた「誠意ある回答」を求める意見書を18日ごろに渡し、2月末までに応じない場合、3月1日に差し押さえ手続きに着手する方針を決めた。原告側弁護士が7日明らかにした。



差し押さえ「決裁時期不透明」=徴用工訴訟で韓国裁判所


 3月1日は、日本の植民地支配に抵抗して起きた1919年の「三・一独立運動」から100周年の節目に当たる。


  7日付のハンギョレ新聞によると、原告側は、三菱重工が韓国内に1000件余りの特許権などを保有していると推定。韓国国内企業が同社に毎年、技術使用料として支払っている4500万ウォン(約450万円)の債権もあるとみている。


同社が協議を拒否した場合、特許権などを差し押さえ、これを金銭に換算する手続きを踏むという。(2019/01/07-14:20)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。