kimuchiのブログ

改ざん前のみ言葉と動画で真実を訴えてまいります!

教会が一つから二つに分かれそのようにして三回に分かれると
神は去ってゆきます。天理の原則はそうなっています。
恵みのある家庭は教会に行きません、家庭でひれ伏して祈祷します。
    《礼節と儀式》第三章礼拝と教会生活礼節

「家庭連合聖職者たちの愚かな言説・行動・判断の誤り!」

「家庭連合聖職者たちの愚かな言説・行動・判断の誤り!」


 櫻井正上氏のブログがまたたく間にIN・OUT共にトップに躍り出てしまいとても驚いているものの一人としての感想をお伝えいたします。


家庭連合にとって一番脅威となるのは、お父様のみ言葉2000年9/24、天聖経(332-289)
祝福家庭、第4章祝福家庭と入籍『このように祝福された家庭を立て先生が祝福してあげるのではなく、今後は興進君が祝福するのですが、興進君がいなければ、顕進君がお父様の代わりに祝福できる時代になるのです。』(赤表紙天聖経は「祝福家庭」全文削除)


祝福家庭(B5サイズ版)2003年1/1初版~『このように祝福された家庭を立て先生が祝福してあげるのではなく、今後は興進君が祝福するのですが、興進君がいなければ、顕進君がお父様の代わりに祝福できる時代になるのです。』(同文P343)


以上のように祝福権はお母さまではなく、肉体を持った主体者がその権限があるわけですから、わざわざ「お母さまの体にお父様が一体としていらいます」などと取ってつけたように補足をしなければならないのか?謎です。


従って顕進様が脅威と感じて、顕進様の関係・関連した集会や大会においてはこれ以上拡散されては困るので、あることないことのデマ情報を聖職者の位置を利用・悪用して拡散しています。


祝福権を誤魔化して乱用し、清平解怨では日本の献金が困難となり、お母さまの大会を全国において繰り返し繰り返し行われ、賛助金と言われる大金を食口から組織維持と裁判費用、清平以外の土地・建物・資産となるものは売却しつつ、清平孝情プロジェクトの目的で総合的な信徒拡大と献金目標勝利をしなければ破たんするため、目的と手段が逆転し食口の生活事情とは関係なく「高額献金回収イベント」を繰り返しているのです。


【提言】日給8.000円の生活補障アルバイトはいつでもありますよ!!
    何年かに1~2・3度は最低から再出発したほうがいい。
    これこそが真の自立です。みんな平信徒は多かれ少なかれ何度も通過して
    います。(幹部の皆様も一度は再出発したほうがいい・・・)
    マイクロ部隊の一時的人事であると思えばいいだけ、奥様もご協力をよろ
    しくお願いします。


一日でも早くお母さまには「絶対対象の位置にお戻りください」と首を覚悟で懇願するのが聖職者の行くべき道である、と思われる方はクリックをお願いします。
!!!!!
 !!!
  !

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。