kimuchiのブログ

改ざん前のみ言葉と動画で真実を訴えてまいります!

教会が一つから二つに分かれそのようにして三回に分かれると
神は去ってゆきます。天理の原則はそうなっています。
恵みのある家庭は教会に行きません、家庭でひれ伏して祈祷します。
    《礼節と儀式》第三章礼拝と教会生活礼節

北の自制期待 裏切られた韓国・文大統領またまた路線転換?

『北の自制期待 裏切られた韓国』
 


当面は圧力・制裁に力点=「自制期待」裏切られ―韓国


8/29(火) 16:11配信   時事通信


 【ソウル時事】韓国の文在寅政権は、北朝鮮がこのところ挑発行為をある程度自制する姿勢を示しているとして評価していただけに、中距離弾道ミサイル発射で期待を裏切られた格好となった。


  北朝鮮に引き続き対話を呼び掛ける方針に変わりはないが、当面、圧力や制裁に力点を置かざるを得ないとみられる。


  韓国大統領府高官は29日、北朝鮮が発射したミサイルについて、米領グアム島沖に撃ち込む計画を公表している中距離弾道ミサイル「火星12」とみられると指摘し、「方向が異なるとはいっても深刻だ」と述べた。


また、「日本の領空を越えたので、国際社会も敏感に反応せざるを得ない。特に日本はそうだ。われわれも厳重な対応を取る」と強調した。


  北朝鮮が26日に短距離の飛翔(ひしょう)体を発射した際、この高官は「ロケット砲であれ、ミサイルであれ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではなかったことが重要だ」と北朝鮮の自制を評価していたが、今回は落胆を隠せない様子だった。 


----------------------------------------


 北朝鮮に忍耐の限界か 「強力な報復」に方針転換=文大統領


【ソウル聯合ニュース】 8/29(火) 15:52配信  



 北朝鮮の相次ぐ挑発にも対話路線を取ってきた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「強力な報復」へと方針を転換した。


北朝鮮が29日、日本の上空を通過する中距離以上の弾道ミサイルを発射したことを容認できるラインを越えたとみなし、独自制裁や多国間外交はもちろん、軍事的対応まで用いる対抗手段を取った。


  文大統領は同日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)から北朝鮮のミサイル発射に関する報告を受けると、「強力な対北報復能力」を誇示するよう指示した。


  この指示により、軍はF15K戦闘機4機を出撃させ、MK84爆弾8発を投下する訓練を行った。米軍の戦略兵器の韓国展開も検討しているとされる。


  文大統領は北朝鮮が26日に弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体を発射した際は韓米合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)に反発するレベルの低い挑発と判断したが、今回は重大だとみなし、厳しい対応に乗り出したとみられる。


  青瓦台(大統領府)の高官は「対話ムードに向かえば良いが、そういう状況を先方(北朝鮮)がつくらないなら、こちらも対応措置を取る」と強調した。


  北朝鮮が米領グアム沖への中距離弾道ミサイル発射計画を公表してから高まっていた緊張状態が多少緩和された時期に挑発を強行したことも、文大統領の方針に影響を及ぼしたようだ。


  青瓦台は北朝鮮に対する制裁と圧力の重要性を指摘しながらも、対話の可能性を強調してきたが、今後も今回のような挑発が続く場合は対話の可能性が小さくなっても強力な対応措置を続ける方針を示唆した。


------------------------------
やはり年内に紛争が・・・? 起きてほしくないが守れる条件が見当たりません!!
お父様が生存されていたらどのようになされるのだろうか。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。