kimuchiのブログ

改ざん前のみ言葉と動画で真実を訴えてまいります!

教会が一つから二つに分かれそのようにして三回に分かれると
神は去ってゆきます。天理の原則はそうなっています。
恵みのある家庭は教会に行きません、家庭でひれ伏して祈祷します。
    《礼節と儀式》第三章礼拝と教会生活礼節

《NHKの裁判対策とUC裁判対策との比較/相違点》

NHKは裁判に勝利したがこれで簡単には終わらないのが国民感情、NHKも当然その
覚悟はしていたはずだ。


なんせ民間企業の報酬より、1、(?)倍の報酬をいただいているNHKは報酬に反し
て報道姿勢は左側にあり、韓国人の反日的な姿勢は国民から反発も受けてきたため、
韓流時代劇にたいする偏見もあいまみれて、韓流時代劇の放映の中止の声がネトウヨ
からの叫びからも判断して 控えめに成ったようだ。


NHKは見ていない、見たくないの対策として、衛星放送に切り替えたころからテレビ
やチューナーの裏面にカードが刺してあるのを見たことがあると思いますが、NHKボ
イコットキャンペーンを国民が立ち上がり、カードをNHKに大量返還すれば裁判にお
おきな変化が起こるかもしれない?


あのカードを抜くとNHKは映りませんから、一方民間放送が片寄ればスポンサーから広
告料金を縦に圧力をかけることができる。


TBSの関口宏が司会をやっている番組などは良い例であります。


結論からさきにいってしまったが、あのカードは何のためにあるのかは国民はよく知ら
ない、一時期『立花たかし』氏のNHK元社員が反旗を翻し、反NHKキャンペーンをネッ
ト動画で訴えていましたが、彼が内情を詳しく解説していました。


個人的な意見として、万一裁判にNHKが負けたて、カードを返還するキャンペーンをはれば、家族全員が全員賛成に回るかどうかは分からない。


ならばいまのところは黙っていたほうが得策であるなと判断しているのがNHK側である。



家庭連合のいまだ公式公開されていない裁判はコリもせず28回も重ね、献金返済とか霊
感商法裁判ではなく、内輪もめ、(あるブログによれば)お母さまご自身が最後には法
定に出頭?(勝者もなければ敗者もない意味・意義不明の裁判)


顕進様はこれだけの世界的基盤が出来上がってしまっては、もう計画性もなく、損得勘定もなく、出たとこ勝負、極秘に!!やってるようで、公式には説明がつかない状況です。


「現在は裁判問題はありません!」が公式信徒向けの見解のようで、ご婦人たちは何の
疑問もなくそれを信じているようです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。