kimuchiのブログ

改ざん前のみ言葉と動画で真実を訴えてまいります!

教会が一つから二つに分かれそのようにして三回に分かれると
神は去ってゆきます。天理の原則はそうなっています。
恵みのある家庭は教会に行きません、家庭でひれ伏して祈祷します。
    《礼節と儀式》第三章礼拝と教会生活礼節

「金正恩氏、完全な非核化の意思」…文大統領

「金正恩氏、完全な非核化の意思」…文大統領


読売ニュース:2018年05月27日 10時27分



北朝鮮  【ソウル=岡部雄二郎】


韓国の文在寅ムンジェイン大統領は27日、大統領府で記者会見し、北朝鮮の金正恩
キムジョンウン朝鮮労働党委員長と26日に板門店パンムンジョムで会談した際、正
恩氏が「完全な非核化の意思を明らかにした」と述べた。


  会談では、6月12日の開催が調整されている米朝首脳会談の成功に向け、南北が連携していく考えで一致した。


2018年05月27日 10時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun 


-----------------------------------------------------------------------------------------


米の中止通告に危機感 南北首脳、異例の再会談
朝日新聞:2018年5月27日05時00分


 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党
委員長が26日、約1カ月ぶりに再び会談した。


米朝首脳会談開催をめぐるトランプ米大統領の揺さぶりに動揺がみられた北朝鮮だが、朝鮮半島の平和を訴える韓国と、米朝対話が途絶えることへの危機感で一致したようだ。


 韓国大統領府が会談の事実を公表したのは、会談が終わった3時間後の26日午後8時
前。発表文の記載が正恩氏でなく、父の「金正日(キムジョンイル)」国務委員長と誤っ
ていた。韓国側にとっても突然の会談だったようだ。


 1カ月足らずでの異例の再会談。場所は同じ板門店だが、今回は韓国側ではなく北朝鮮
側の施設。記念撮影で正恩氏は、前回と違って緊張した面持ちだった。ただ会談の最後で
は笑顔を見せ、文氏と抱き合った。


 北朝鮮は、米政府が6月12日の米朝首脳会談を中止すると公表した半日後の25日朝、「いつでも、いかなる方式であっても対面して問題を解決する用意がある」とする
金桂寛(キムゲグァン)第1外務次官の談話を出した。


極めて短時間での対応。米韓関係筋は「北朝鮮の危機感がよく表れていた」と語る。


 北朝鮮は国内メディアで、正恩氏が米朝首脳会談の開催に同意したと報じている。経済
制裁や米軍による軍事的脅威もあり、簡単に米朝会談を中止できない状況に追い込まれて
いた。


 北朝鮮は米側から「完全な非核化」を強く求められている。核兵器や核物質の国外への
搬出や、すべての核貯蔵施設の公開、核技術者の海外移住など、米側が次々に繰り出す要
求に不満を募らせていた。


正恩氏は米韓会談を22日に終えたばかりの文氏から、トランプ氏の真意を確認しようとしたとみられる。


 また、正恩氏は5月7日、中国・大連で習近平(シーチンピン)中国国家主席に、「今後、米朝間で起こることについて中国が保証してほしい」と語っていたという。


正恩氏は3月末にも訪中したが、近く3度目となる訪中を行い、習氏に対し、米朝関係の仲介を頼むという観測も一部で強まっている。


 文氏は22日の米韓首脳会談でトランプ氏に、「必要があれば会談があるシンガポール
に赴く準備がある」と伝えたという。一方、米韓関係筋によれば、トランプ氏が24日に
発表した「米朝首脳会談の中止」について、韓国は事前に米側から知らされていなかった。


 4月27日の南北首脳会談で合意した板門店宣言には、南北の人道支援や社会文化交流
が盛り込まれている。これらは米朝会談で北朝鮮の非核化が合意されないと前に進まない。


 文在寅政権は、このままでは米朝の橋渡しができなくなるうえ、南北間の合意も霧散す
るおそれがあるとして、正恩氏との再会談を決断した可能性がある。
(ソウル=牧野愛博)
--------------------------------------------------------------------------------------


トランプ氏 朝米会談成功なら大規模な経済協力表明=韓国大統領府
5/27(日) 11:52配信 


【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)高官は27日、記者団に対し、トランプ米大統領が朝米(米朝)首脳会談が成功する場合、北朝鮮との大規模な経済協力を行う意思を韓米首脳会談などで数回にわたって表明したと伝えた。


 同高官は「朝米首脳会談の成功のため、(朝米の)相互不可侵の約束や休戦協定の平
和協定転換、南北米の3カ国による終戦宣言などについて検討が必要で、南北間で実務レ
ベルの協議を行っている」と説明した。


 ただ、「3カ国首脳会談をいつ、どこで開催するかや、具体的な議題についてはまだ合
意していない。実務レベルで可能性の検討が行われている」と述べた。
      ◇
【注記:N氏】
 本来であれば、上記の金正恩・委員長、文大統領、トランプ米国大統領の三人の中央
には、文在演氏ではなく、文鮮明師の男子・子女の誰かが<南北&米朝分断を解消した
<平和の君>として、映っていなければならないでありましょう。


 南北分断は、再臨の基台がぐずれたゆえに結果として出現したと教えてきたのであり、
南北統一への韓国、北朝鮮、米国など等の政治、軍事、経済など等の課題を解決するこ
とで:<文鮮明師を再臨主>として実証する日が来ると説いてきたが、今やまさしく:
文鮮明運動の本家である、三男、四男、7男などの誰かが、現在の米朝会談推進などの
基盤をUC連合が中心となって構築しているべき決定的な時であり、決定的なチャンスで
ありました。 


 (かっては)アボジ・文鮮明師と金日成委員長は、1991年に出会いと抱擁と
手に手をつないで南北統一問題解決の日がと到来することを熱く語り合ったのであった。


 ゆえに文家のご子孫・親族はこの度の<一連の朝鮮半島をめぐる動向>の裏工作・政治
的な工作の影の主役になっているべきであったと考えられます。中央の人物写真は、文在
演ではなく:文鮮明師の息子であるべきなのだ。


 また「文ファミリー」は<UC連合分裂・三派系:分裂運動の中核>に居られる残念な
現状でありますが、最低でも、下記の様なワシントンポストからの糾弾を受け、この運
動の決定的なダメージとなっている<サンクチュアリ問題>の4男、7男を母親として
も一刻も早く説得し、このような<オーム的なカルト運動>、特に問題の<殺傷力有る
機関銃運動>銃砲を全員に持たせている「狂気じみた宗教・写真」など等、<サ・教グ
ループ>は、神とTF、TMにまで決定的な<狂気・危険・カルトの汚名>を着せています。


 文家の親族・息子たちが主催している<サ・教運動>は、UC連合運動の未来にも決定
的な最悪のダメージを与えているのです。これを放置したままでは、UC連合運動の未来
は暗いものとなり、失敗に終わりかねません。


 独生女・女性再臨の主・女性メシア:<人類の真の母>を語る前に、文ファミリーの
紛れもない実子である二人の<サ・教:解消・退治>を成し遂げることは、第一義的な
TMの責任ミッションであると考えています。実母であられる・ご本人の運命もUC運動
の運命もこの<サ教・解消・退治>の説得にかかっていると思われます。


 後に続くわれら一般のメンバーは、このことをTMさまに強く強く期待するものであり
ます。 神様も間違いなく、そのようにお考えであられると確信いたします。合掌
2018:5・27
       ◇
【投稿:マーシー】
顕進様のみ言葉で思い出したことがあります。
 文顕進様 薯 『コリアンドリーム』は「北朝鮮の要人たちが読んでいる。」と証かされていました。
 一方アメリカの国防情報局においても読まれていることを昨年夏ごろのみ言葉を読んでいて証されておられたことを思い出しました。


 日本人が読むと「なんだか反日的だな?」のイメージしかありませんでしたが、北朝鮮とアメリカの要人たちが読んでいたなら、さらに従北路線ましぐらの文大統領立候補前にフイリピン大会に(大統領当選前に)参加していたこと等々を垣間見れば何か意味があったのかもしれません。そう信じたい思いです。


【COCOAブログ】一部引用


アメリカ国防情報局(DIA、Defense Intelligence Agency)が2018年の必読書の一つとして<コリアンドリーム>を選定した。<コリアンドリーム>はグローバルピース財団(Global Peace Foundation)のムン・ヒョンジン会長が2014年に発行した本であり、アメリカでも同じタイトルで出版され、2017年に改訂増補版が出版された。この本は朝鮮半島問題の解決策として統一を提示し、それに関連して世界情勢と朝鮮半島情勢を分析している。ムン会長は2010年から統一朝鮮半島のビジョンを提示し、2012年に市民主導の統一運動のための連帯団体として「統一を実践する人々」の創設を促した。DIAはワシントンD.Cに本部を置き、140カ国から1万7000人の専門家が参加する海外の軍事情報の中心的な役割を果たす情報機関である。DIAは「情報要員の自己学習のみが、迅速性と創造性、確信感を育てることができる」とし、2018年の必読書として▲リーダーシップと専門性の開発、▲歴史、▲国際情勢の分析といった3つの分野で94冊の本を選定した。<コリアンドリーム>は、国際情勢の分析の分野に選ばれた。


国防情報局は推薦の文で「長期的な不透明性が台頭する今日、ムン・ヒョンジンの<コリアンドリーム>は朝鮮半島が直面している問題について革新的な解決策を提示している。彼は、分断の70年間に作られた朝鮮半島の安全保障、経済そして社会的問題の究極的な解決策として統一を提示している。さらにムン・ヒョンジンは、数千年の間、一つの民族を形成してきた建国の原則と文化に基づいて平和を実現する画期的な方法を説明している」と推薦理由を説明した。



2017年11月14日(火)米国ダークソン上院議員会館(Dirksen Senate Office Building)で開催されたワンコリア国際フォーラムにおいて、ヘリテージ財団創設者であるエドウィン・フェルナー総裁の紹介で登壇したムン・ヒョンジンGPF世界議長は、基調講演で「朝鮮半島の危機の解決策として統一を提示し、国際社会の支持」を促した。


(引用終了)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。