kimuchiのブログ

改ざん前のみ言葉と動画で真実を訴えてまいります!

教会が一つから二つに分かれそのようにして三回に分かれると
神は去ってゆきます。天理の原則はそうなっています。
恵みのある家庭は教会に行きません、家庭でひれ伏して祈祷します。
    《礼節と儀式》第三章礼拝と教会生活礼節

北朝鮮も南の韓国も重病ではないか!<忘恩背徳の悲劇>だ!!

悲劇の民族:蝕まれる民族の心:恨5000年:反🈩&怨日はとどめなく!


これでは、神から見捨てられるであろう!


北朝鮮も南の韓国も重病ではないか!<忘恩背徳の悲劇>だ!!


【社説】慰安婦記念日 「反日」迎合を強める韓国政治 
 読売新聞:2017年11月29日6時0分


 韓国の独善的な動きによって、歴史問題を巡る日本との溝が一段と深まった。これでは、「未来志向」の日韓関係の構築は遠のくばかりだ。


 韓国国会で、8月14日を「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」と定める改正法が可決された。賛成205、反対ゼロ、棄権8で、与野党ともに支持した。近く公布され、その半年後に施行される。


 改正法は、記念日制定の目的を「慰安婦問題を国内外に知らせる」ことだと明記した。


政府と地方自治体に対し、行事を催し、広報する努力を求めている。


 政府が元慰安婦に関する政策を立案する場合には、本人の意見を聴取する条項も盛り込まれた。


 元慰安婦の金学順さんが、1991年に初めて名乗り出て、取材に応じたのが8月14日だ。記念日の法制化により、毎年この日が来るたびに、慰安婦問題が公に蒸し返されることになる。


 植民地支配から解放された翌15日の「光復節」と合わせ、韓国人の反日感情が引き継がれていくのではないか。日本人の韓国観が厳しさを増すのは避けられまい。


 看過できないのは、文在寅政権が、慰安婦問題に焦点を当てる施策を推進していることだ。7月に策定した国政5か年計画で、記念日の制定や「歴史館」の建設を打ち出した。


国立墓地に追悼碑を建てる方針も発表した。


 ソウル高裁は、慰安婦に関する学術書の著者、朴裕河教授に対し、名誉毀損きそんで有罪判決を言い渡した。トランプ米大統領の歓迎夕食会には、元慰安婦が招かれた。


 政府・国会・司法が揃そろって、韓国の市民団体が煽あおる反日運動に迎合する。極めて深刻な事態だ。


 日韓両政府は、2015年の合意で、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認している。双方が歩み寄った貴重な成果であり、再交渉の余地はない。


 合意には、当時の朴槿恵政権が元慰安婦から聞いた要望も反映されている。元慰安婦の7割は、合意に基づき、韓国政府が設立した財団から現金支給を受けた。文政権はこうした事実こそ、国民に広く知らせるべきではないのか。


 菅官房長官が記念日について、「日韓合意の趣旨に反する」と、遺憾の意を表明したのは


当然である。首脳会談などの機会に、合意の着実な履行を促すべきだ。


 訪韓中だった公明党の山口代表は、日韓関係全体に悪影響が及ぶことへの懸念を示した。日韓議連を通じた議員交流の強化など、多角的な努力も必要だろう。


------------------------------------------------------------------------------------------


[論点]世界の記憶 19世紀以降除外を…秦郁彦氏


 読売新聞:2017年11月29日5時0分


《プロフィール》はた・いくひこ 歴史家。慰安婦強制連行説の根拠となった吉田証言の虚構性を立証。著書「慰安婦と戦場の性」「慰安婦問題の決算」など。84歳


 2015年末、日韓両国の外相は、慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的に解決する」こと、「今後国連等国際社会において……互いに非難・批判するのは控える」ことに合意した。


韓国政府が準備していた国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」への
申請もやめると約束したとされる。


 それから2年、韓国政府が日韓合意を守ろうとする姿勢は見られない。日本大使館前の慰安婦像が撤去されないばかりか、釜山の日本総領事館前など各地で新設が止まらず、内外に乱立する慰安婦像は60件を超える。


11月22日には米サンフランシスコ市長(中国系)が市有地への建立を認可し、これに対して吉村洋文大阪市長が直ちに姉妹都市の解消を表明した。


 他にも類似の反日行為は続発しているが、極めつきは先にトランプ大統領を国賓として迎えた文在寅ムンジェイン大統領が、歓迎の夕食会に88歳の元慰安婦を招待したハプニングだろう。


テレビニュースの動画に目を凝らすと、元慰安婦がトランプ氏に抱きつき、文氏が彼女の背中を押すように見えた。


 世界中が注視する中で、なぜ文政権がこんな非礼の挙動に出たのか、思い当たる節はあった。


10月31日にユネスコは、挺対協ていたいきょう(韓国挺身隊問題対策協議会)が主導する韓国、中国、日本など14団体(8か国)が共同で申請していた慰安婦関連資料の登録を先送り(保留)すると発表した。


そして、反論書を提出した日本の「なでしこアクション」など保守系4団体や学者グループと、「対話」を通じて折れ合うように促したのである。


 よもやの「落選」は衝撃だったようだ。再挑戦を意識してか、韓国の女性家族相は国会で「大変遺憾だ。支援団体と協議して外交省とともに最大限の支援をしたい」と答弁した。


「日本政府が分担金の支払い留保などでユネスコに圧力をかけた」と悔しがる韓国の新聞論調も見られた。


 確かに、中国が申請した「南京虐殺事件」が2年前に登録された際、日本政府は分担金拠出を凍結し、制度改正を条件に解除した先例がある。10月には拠出第1位(22%)の米国が脱退を声明した。第2位(10%)の日本が倣ならえば、ユネスコは苦境に立つだろう。


 それだけではない。申請者の資格は国、市民団体、個人を問わず、共同も可としているのが影響してか、近年は韓国の光州事件、チリやチベットでの独裁政権による民衆抑圧など、歴史家もたじろぐホットな政治的案件が増加している。


次の審査には、天安門事件や、細菌戦の旧日本軍731部隊が登場するらしい。慰安婦だけで2744点という膨大な資料の「真正性」を審査するのは、少人数のユネスコ事務局の手に余る。


 11月15日に就任したユネスコのアズレ新事務局長(前仏文化相)が制度改正をどう具体化するか注目されるが、私は「政治的緊張」を招きやすい19世紀以降のテーマは申請の対象から外すよう働きかけるべきだと考える。


併せて韓国の再申請に備え、「対話」戦略を練っておく必要があろう。


---------------------------------------------------------------------------------------


【補記:匿名太郎】


1)<従軍慰安婦碑>には、「韓国の少女20万人が日本官憲により、強制連行されて、
 日本軍の従軍慰安婦=性の奴隷(SEX  SLAVE)にした」と書かれている。


2)左派系の学者である吉見義明教授の著書『従軍慰安婦』には、慰安婦はトータルで約
 5万人程であったが、そのうち朝鮮人慰安婦は半分以下(2万人?)と記述されてる。


  最も権威ある学者の:『慰安婦と戦場の性』の秦邦彦氏は<読売新聞・時代の証言者>2017:3月14日から4月26日の31回連載の30回目にて、「従軍慰安婦成る
 者は、約2万人程でその約20%=4000人が朝鮮人であった」と記述証言していま
 す。


3)朴ユハ韓国世宗大学教授の『帝国の慰安婦』には、日本官憲による少女20万人強制
 連行の事実はなかった。主に慰安婦募集は韓国サイドの人間が行った。


基本的には<志願制>にによるものであり「強制連行」はなかった。
また彼女たちの少なからずの者は戦場にて「日本軍の勝利を祈念し、彼らともに戦った
:同志的な関係」まで多くあったと書かれている。


4)シンシア・リー著『韓国人による・恥韓論』(ベストセラー本)の229pからには:<韓国の青年が日本軍の志願兵に参加したが、募集15000人に対して82万人もの 韓国青年(男性)が、自ら日本軍人に志願したのだと。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。